YUKATU BLOG

臨床検査技師国家試験☆勉強法 -血液・凝固系-

11:58 | 臨床検査技師 | comments(0) | trackbacks(0)
JUGEMテーマ:臨床検査技師

今日は文化の日ですね!!
今"ぶんか"で変換したら分化が出てきた!!笑

大学生のみなさんは文化祭とかあるのかなー??
私のとこはないんだけどね...
一応別のとこの部活に所属していたので、それなりに活動してました。
去年は模擬店やったりね。
あれから1年経つのかと思うと早いー!!
巷では年賀状、スタバではクリスマスですもんね。

さて、今日は久しぶりに勉強法のご紹介。
 以前生化学の分野で反応を図に書こう、と紹介しました。
これも図にするとかなり憶えます。

111103_115156.jpg

見えるかな〜凝固線溶系です。(変換あってる?笑)

こんな感じ。
111103_115209.jpg
内因系の始まりですね。APTTの部分。
緑の蛍光ペンでマルしてあるのはセリンプロテアーゼ。
前の因子によって活性化されて酵素になって、自分が次を刺激するのよね。
酵素を選べ、みたいな問題もあった気がする。
aは色々複合体作りますね〜

111103_115220.jpg

これは外因系ですねー

111103_115233.jpg

最後あたり。


問題だと全部バラバラに出てくるし、教科書も意外とバラバラに小難しく書いてありますよね。
だから簡略化→図示!!

向き不向きがあるとは思います。
私は絵柄で流れがあった方が憶えやすかったんですよね。
だから思い出すときはいつもこの紙の全体像で思い出します。
外因系は右上のオレンジのところだったな〜PTもオレンジで書いてあったな・・・
PTは外因系か!!
みたいな〜笑
緑丸がついてないから酵素じゃないな〜とかとか。

だからカラフルになってます。
たぶん、凝固抑制が紫でマーカーは青で書いてあるのかな・・・
コレを書いて、問題を解くごとにおさらい。
書き足りないことがあれば書き足す...関連事項は全部この紙に書き足す!!
そんな感じでやってくと、呪文だった凝固系がまとまってきますよ〜

必要なことをいかにまとめるか。
教科書は欲しい情報がいろんなとこに散らばってるからね。
知識の整理が重要だと思いますよ〜

これで2点はとれるかな!

Comment:
Add a comment:









Trackback:
http://yui-in-mind.jugem.jp/trackback/131